HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ヲタ@カンソウ

人魚の伝説。


レンタルマギカ、第15話の感想どえす。

季節外れの水着回(笑)
アディの水着がちょっとすごかった(笑)
でも一番驚いたのは、猫屋敷さんのフンドシだわ(爆)

今回は、御凪兄弟に頼まれて船魂を海の側にある洞窟の神棚に納めに行った
んだけど、突如、黒い霧に包まれて、異界に連れてかれちゃう話。
イツキと黒羽と式猫の白虎のターンです。

気が付くと、大昔の漁師のような男の船にいた3人。
辺りはおどろおどろしく、ボロボロの海賊船みたいのまでいる始末。
その漁師は人魚を取りにきたと言う。
かつて漁師が肺を患った時、人魚の肉を食べるとすぐに治り、また、
とても美味しかったという。
それを病気の娘に食べさせたいという思いから、人魚取りを始めたのだが、
すでに娘は亡くなっている。
また、言い伝えには、人魚の肉には不老不死になれるとか。

だけど、はやくここから出ないと、そして、
既に死んでいるこの漁師も助けてあげないとということで、
黒羽たそががんばってくれました。
人魚の肉を食った物は、人魚に食われるという言い伝えもあり、
案の定、4人の乗った船は大量の人魚に襲われてしまう。
ここで使うのが、船魂。この人形を身代わりに、海へ放り投げると、
人魚も後を追って海の底へ向かっていく。
すると、黒羽たそが薄れていって、いつきは黒羽がこのまま
消えていなくなってしまうのかと焦るが、
それは浄化された証。漁師を無事に送ることのできた証だったのです。

無事戻ってくると、海にはまるで笑っているような顔をした船魂が落ちていた。

後日、いつき達が救った漁師が祖先だということがわかった神社の人から、
またちゃんとお祭をしたいと言ってきたそうですよ。
今回はなかなかイイ話だなぁ・゚・(ノд`)・゚・って感じでした。
ってかほんと、式ぬこかわいすぎるよ式ぬこ(笑)
今回はいっぱい出てきて嬉しかった。ぬこかわゆす。

でもって、先生が黒羽たそになってた(笑)
フッ(笑)、生だ。ゆでたと思ったのに…。

次回。赤い槍。




スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://enaha.blog4.fc2.com/tb.php/272-3740f9f8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。