HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ヲタ@カンソウ

明星の燃えし時。


ドラゴノーツ、第17話の感想です。


とうとう散りました、アーシムとガーネット。
盛大にかつ、ガーネットの乳枕で(爆)・・。

さらに、マキナの狂乱だけではなかった。
なんと、ギオが大暴走!
予告の赤く燃えている火星はギオの仕業だったのか。

マキナも、死んだアキラをコックピットに乗せてドラゴンの姿で特攻。
そして谷底へ二人落ちていく。
トアがギオのコックピットから飛び出し、助けようとしたけど、
彼女の覚悟を察し、追うのをやめました。

ガーネットもここへきてようやくドラゴンに変身。
なんか片目が強調されてたからできそこない系だと思ってたのに
しっかり変身できて、戦えてましたね。

で、アーシムとの最終決戦はごめん、宮野の演技に夢中だったわ(爆)
やかましくて、うざいくらいきもい。
好きだの愛してるだのくだらないと暴れまわるアーシムだったが、
最後は、彼を愛してくれていた唯一の存在、
ガーネットに抱かれながら逝きましたよ…。

その最中、ジルアード軍ではすでに、
アーシムを王から降ろすこととなってしまっていたがね(笑)・・。

しっかし、ギオが暴走する寸前、ジンを乗せたコックピットだけ
外すとは器用なマネを(笑)
危なくなった所を、駆けつけて来てくれた、ライナ達に助けてもらいました。

ラスト。
ニクイ演出きたああああああああああああああああああああああああ
なんと!エンディングが終わった後、再び本編に戻って火星が映り、
谷底へいくと、氷の中で安らかに眠るマキナとアキラの姿が…!
これはやられました(笑)。。


ところが。

次回。

へ?ギオがエプロン着て皿洗いしてたよ?(爆)
しかも、死んだと思っていたカズキとウィドーまでいたぞ…!!

ジンとトアは相変わらずな感じだったけど(笑)、
17話の展開が嘘のような平凡な?雰囲気。
極め付けが、「心機一転、新展開!」
なんじゃそりゃあああああああああああああああ

確かに敵っちゅー敵もいなくなっちゃったし、
これからドラゴンゾはどうなってゆくのでしょうか。

今回の話で、ギオが大暴走して火星が危機にさらされた時、
これがドラゴンの本当の姿だと恐れおののいていたライナやジークリンデ。
間違っていただとか、こんなのと一緒にだとか、
あの時、二人がドラゴンに向けて呟いたセリフが気になった。
後半は人間とドラゴンの関係を描いていくのでしょうか。




スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://enaha.blog4.fc2.com/tb.php/279-f6b7632a

(アニメ感想) ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- 第17話 「咆哮 -明星の燃えし時-」
ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス- Vol.1 トアに執着するアーシムは、トアを自らのものとするため、ジンの命を狙う。執拗に襲い来るアーシムとガーネット。異常を察知したライナとジークリンデは、サカキの制止を無視し、ハウリングスター・アマデウスと共に一路ジン達の?...

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。