FC2ブログ
HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ヲタ@カンソウ

悪意の矛先。


ガンダムOO、第18話の感想です。


ルイスの左手があああああああああああああああああああああああああああ

あのシーンはもう泣きそうこいちゃいました……。


トリニティが世界中の軍事基地に攻撃をしかけていく。
本当に容赦ないやり方でつぶしていく。
ネーナのたまんないっ!って高笑いする姿がなんとも…。

次の場所へ向かう途中、疲れて文句たれてるネーナの視界に、
ルイスも参加している結婚式の様子が入ってきた。

もうね、ルイスと沙慈がケータイで会話してて、
スローネが近づいてきたのであろう、ケータイがブチッと切れた瞬間から、
手に汗握る思いで見てましたよ(笑)。。

最初はルイスも初めて生で見たーとかって興味深い感じで
スローネを見上げていたんだけど、
ネーナがただの腹いせから結婚式を襲撃してやろうと
式場へ近づいてくると……新郎新婦めがけて砲撃。
ルイスは離れた所にいたから大丈夫だったんだけど、
煙が消えたそこには、大穴と死体が転がってるのみ。
絶望的な表情でパパ!ママ!と中心部へかけよると、
ドライはさらに攻撃をしかける。
それでルイスもふっとばされ、瓦礫の下敷きに……。

開いた口が塞がらなかったですよ…。
某所で見たバレがマジだったという驚きと、
それを目の当たりにしてしまった時のこの衝撃…。
本当に、先週から心臓に悪い展開が続きますね(笑)。。

あのルイスママもお亡くなりに……。
パパも親族もすべて失ってしまいました……。

沙慈がルイスの病院にかけつけ、指輪を渡す。
だけど、ルイス「指輪はめられないの…っ」と、
ついこの間まであったはずの左手がそこにはなかった。
泣き始めると、看護士さんが沙慈を病室から出してしまった。
ってか、この病院の看護士の態度も悪いなと思ったわ(笑)

その後の沙慈の様子は本当に見ていて辛かったです…。
事故に遭った、一見思ったより大丈夫そうだった、嬉々として指輪を渡す、
ところが、ルイスの身に起きた現実に地に叩きつけられたようになる、
ふらふらになって病院の廊下を歩く、看護士の噂する声が聞こえる、
ガンダムにやられた、と。沙慈は悲しみにくれ、泣き崩れてしまう。
だけど、これかは沙慈がルイスを支えていかなくちゃならんよ。
そして隣人(刹那)の真実を知った時、どうなるかも気になります。

そうして、トリニティが一般人に向けて攻撃してしまったこと、
また、次に向かうユニオンの工場でも、そこには一般人しか働いていない。
その情報を聞いて怒りをあらわにするロックオンや刹那。
刹那はとうとう待機場所から飛び出してしまう。

一刻もはやくその情報を聞きつけて向かったのはグラハム。
いやはや、今回のグラハムはかっこよかったわ(笑)
カスフラvsアインの戦闘です。
ところが、グラハムの猛攻に、
ガンダムであるアインは押されてしまい、片腕まで落とし、
あげく、ビームサーベルも奪われる始末。その瞬間、アインは撤退。
いやでも、グラハムよくやった。見直した。

次の瞬間、グラハム吐血…!
いつかは来るかと思っていましたが…。これしきのGで!とか言ってたけど、
グラハムはガンダムに撃たれるとかよりも、このままだと
自分の愛機に殺されそうだよ……。

あと、ハワードの墓で敬礼するグラハムとダリルも良かったですね。
しかし、フラッグのテスト中の事故?事件?が気になります…。
ダリルは否定していましたが、やはりグラハムの犯した過ちから
起きたことなのでしょうか。

トリニティが式場襲撃した時も、スメラギがどうして?誰か関係者でもいたのか
と言ったのだが、クリスの調べた情報によると特にいないとのことだった。
ここで、後から、実はあの式場には関係者が…みたいな後付けが入って
ネーナのお得意のウインクやらピースで結果オーライ!なんて展開には
ならないよね…? どのみち、ただの気分ってだけで
取り返しのつかないことをやってしまってるので擁護系は勘弁。

絹江がタクラマカン砂漠から生還した戦士に会って、情報を貰いました。
その男が見たのはドライとネーナ。(顔は見えてない
少女のようだったということと、ラグナに報告という言葉が聞こえた、と。
絹江はさらにこのことは私以外には教えないよう伝えた。
ところが、その男がバーから出てくると、なんと、
撃たれて殺されてしまいました。なんとも手がはやい(笑)
絹江も電車の中で父の写真を眺めていた。
だけど、このままでは彼女も刻一刻と死に向かっているようで……。

トレミーでは、トリニティが擬似太陽炉を使用していることから、
情報が漏れている、“この中に裏切り者がいる”というセリフが
出てきてしまいました。
ティエリアもヴェーダでデータを見ていると、レベル7?あたりで
改竄されていることに気づいた。
ところが、いよいよきましたよ、ヴェーダの拒否権!(笑)

しかもその時、ティエリアの一人称が“僕”になったのは
聞き逃していませんよ?(笑)
僕がアクセスできないなんて…!って感じにね。

さらにはその直後にリボンズが屋上にいるシーンが出てきたのだって、
明かに何かの伏線。おそらく、リボンズもティエリアやトリニティと同じ、
デザインベイビーで、ヴェーダにアクセス権のある者。
むしろ、一番ヴェーダに近しい存在のような気もする。
いや、おまえがヴェーダか?(爆)

トリニティが言っている“ラグナ”も気になるワードですね。
もしやトリニティヴァージョンのヴェーダとか?
ヴェーダと同じような機械が別名で他にも存在しているのでしょうか。
そもそもヴェーダがどこにあるか明確にされてないから、
ヴェーダって名前がホンモノとも限らないよなあ。
単に、トレミーではヴェーダで認識されていて
トリニティにはラグナと認識されているだけで、
本当の名前は別にあるとか…?


次回。絆。
刹那に銃を向けるロックオンがすごく気になります。
何やら二人の過去には浅からぬ因縁があるとか…。
だけど、ティエリアと刹那の距離が近づくともいわれているので、
楽しみではありますが…。
リボンズ様の不敵な笑みも気になりますね。

ラストでトリニティに立ち向かうエクシアの姿が本当にかっこよかったです。




スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://enaha.blog4.fc2.com/tb.php/285-043e53c3

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。