FC2ブログ
HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ヲタ@カンソウ

シゴフミ。


シゴフミ、第12話(最終話)の感想です。


生んでくれてありがとう的な展開で大団円かと思いきや、
文歌もフミカも負けず嫌いで、最終的には
あんたなんて私の中に入れてあげないから!
で纏めてきましたか(笑)・・。
私だってあーしたい私だってこーしたいって言い合って大泣きするシーンは
なんというかバカっぽいようで可愛らしかったというか(笑)。。
こういう終わり方もあり、かな?(笑)

あの金髪美女はやはり母親だったか。
まぁ、典型的な最低なバカ親だったワケですが。
結婚だとか出産だとか、女として一度は経験しておかないとと思っただけ。
でも出産はダメね。子供を育てるなんて性に合わない。
そんなようなことを言って、男と遊びに行ってしまった母親。
もう二度と会うことはなさそう。
父も母も救いようのないタイプだったんだな…。
いや、自分はキラメキは虐待設定さえなければ
けっこう好きなキャラだったんだけど(ぇ

チアキの努力が無駄になっちゃったのはちょっと残念と思ったけど、
フミカが結局シゴフミ配達人続けることになったから、
何かしらやってくれただろうと自分の脳内で保管しときますよ(笑)
ってか途中、カナカが他の配達人に棄てられててワロタ(爆)

文歌は要と同じ高校に通い始めたけど、
父を告訴するとかで記事で顔も晒されていたから
まわりから写メの嵐に・・。
マスゴミも文歌のいる夏香の家へ押し寄せたりするから
夏香の家族に迷惑になると感じて居づらくなる。
また、夏香が要に告白している所を見てしまい、
家を飛び出すように、母と会うことを決めたが、
母親があんなだったから、もうどうしたらいいかわからず、
その場から走り去り、結局、行き着いた所が父の家だった。
夏香も要を想うあまり少しイヤな女みたいになっちゃってたけど、
カナカ登場で、気を持ち直して文歌達の所へ向かいました。

父の家にて、自分に失望しているとフミカが登場。
あの神社では、文歌はなかなか引き金が弾けず、
フミカが文歌の手を動かして撃ったようです。
でも結局は、フミカは文歌の心の弱さから誕生した存在だから、
フミカがまた後ろ向きになってると出てきてしまうわけで。
その後のやり取りは、上で書いた通りです(笑)
文歌もフミカも生き続けます。

ラストはChainに乗せて、今までシゴフミを渡してきた人達が登場。
ちょっと感動したのが、第10話で登場した文伽ちゃんを
偶然居合わせた、少し成長した美紅(第1、2話で登場)が
遊ぶの誘ってるシーンかな。あの子そうだよね、たぶん。
しかもあのシーン、自分がお姉ちゃんにしてもらったのと同じような
パターンになってたよね?ニクイ演出なんだぜ。
シュレディンガーも出てきたよ。ぬこかわいいよぬこ。
キラメキのその後もほんの一瞬だけあった。
刑務所で、春乃に原稿を渡してるシーンがあった。
春乃が初めて上司に意見したことが通った証でもあるんですね(笑)
そして、文歌とフミカが雑踏ですれ違って、THE END。

シゴフミ、なんだかんだでおもしろかったな。
衝撃的なのは第1話くらいだったけど、後半にきておもしろくなった。
これはもう二期とかなさそうだしなー・・。
小説は別物みたいだし、録画できる環境だったら保管しときたかった。
スタッフ、キャストの皆様三ヶ月間お疲れ様でした。




スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://enaha.blog4.fc2.com/tb.php/314-4e3404a0

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。