HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ヲタ@カンソウ

狭間の彷徨。


ペルソナ-トリニティ・ソウル-、第14話の感想です。


真田キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!!
って感じなんでしょうか、ペルソナ3をやっていれば(爆)
しかしまぁイケメンになっていましたな(笑)
さらに天田とも絡んでいて、原作ファンには嬉しい回でもありましたね。

OPは曲も映像もいい感じでしたな。
兄弟を象徴していた前回のOPからうってかわって、
慎と愉快な仲間たちな内容になっていましたよ(笑)
あの顔を隠してる三人のカット好きです。それから、洵とユキのカットも。
EDもこれまたいい感じ。
でも絵は前回のが好きかも。バケツとか好きだったんだ(笑)

諒失踪、映子さん死亡のあれから、半年が過ぎていました。
季節は夏に。
慎と洵は寮生活を送っているようです。

慎は兄の失踪で、警察の、伊藤の所へ通っていたようで、
ようやく話せたと思えば収穫は何もなく、ただ捜査が打ち切られた、と・・。
で、その後エレベーターの中で、まさかの真田との遭遇(笑)

洵は戻ってくるかもしれないからと毎日実家へ通っているようです。
そこで叶鳴と遭遇し、慎達の幼い頃の写真を眺める。
んー、やっぱ叶鳴にはフラグがたっているのかな、かな。
その朝には寮で、
慎が映子さんのことが好きだったことが明かされていましたが(笑)。。
あの席には叶鳴いなかったしな。

拓朗とマユリが一緒にバイトとか(笑)
しかもマユリの方が一枚上手だったようです。
もともとセンスがよかったのか、それとも、統馬の影響か。ムフフ。

さらに、慎とぺったんこが一緒にファミレスとか(笑)
まぁ、壮太郎の目的は、諒も使っていたであろうれいの、あの薬が欲しいと、
物を見せていました。
だけど慎はそのこと知らなかったからな・・。
で、ファミレスを後にすると、慎は伊藤の所へ連絡して壮太郎のことを話し、
尾行を始める。

そんな最中、マレビトの金髪が路地裏で苦しんでいてペルソナを発動し、暴走。
もう彼は使い物にならないらしい。はやいな(笑)。。
片割れの金髪は元気そうだったのに。

夕飯に行こうとしていためぐみらもそれに遭遇。洵も苦しみだして、ペルソナ発動。
続いて、めぐみも拓朗も、偶然居合わせた慎もペルソナ発動!

ところが次の瞬間、明後日の方向からの砲撃でそのペルソナは消え去った。

兄貴きたああああああああああああああああああああああああああああああ

あれは一体どういう状況だったんだろう?
誰かに操られているのか?

慎も気づいたが、すぐに諒の姿は見えなくなってしまいました・・。

いやはや。2クール入って雰囲気も少し変わって、おもしろくなってきました。
今後の展開にも期待していきます。


次回、「明日を閉ざすもの」。




スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://enaha.blog4.fc2.com/tb.php/320-3478082c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。