HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ヲタ@カンソウ

紅。


感想は書かないつもりでいたんだけど、なんだろう、
これ、思いのほかおもしいんだわ(笑) だからちょっとだけ。

とりあえず、紫が 可 愛 す ぐ る !

動きが上手いよ。
七歳児ってかあれくらいの歳の子をよく捉えられてるな、と。
口調はじじくさくて、天天の真夜が浮かびそうな所だけど、
こっちはちゃんと七歳設定だからな(笑)

3話もおもしろかった。学校に行っちゃうとか(笑)
つーか、野球部の少年と紫の会話で、
紫の言うことが全部野球への情熱に変換されててワロタ(笑)
あと、人体模型を死体と勘違いして真九郎に電話するも、
真九郎は環の大人のおもちゃかと思っちゃうし(爆)
ってか環はどこいったんだよ(笑)
あと今回は、紫が真九郎を意識し始めたような様子もあって微笑ましかった。
夕乃と笑って話してた時を見て、自分の前ではあんな風には笑わないって。
他にも、仕事だから、紅香さんのためだから、そんな風に思われてることも
おもしろくないというような雰囲気も出ていたりと、
まぁ、実際、この歳の差じゃなぁ(笑)。。
そういや、廊下で真九郎と紫と夕乃が話てる時の会話は、
あれはプレスコのなせる技なんでしょうか。
声がとびかってて、中でも紫が聞いてよ構ってよ的な雰囲気が出せてたのは
良かったですね。
紫の本来の目的って、恋がしてみたい、だっけ?
OPとEDの雰囲気はさておき、
今の所、わりと明るい感じで話が進んでるけど、
けっこう黒い設定もあるようで、その辺アニメではどうなるんだろうか。
なんにせよ、これからの展開にも期待して見ていきたいと思いマス。

それと、音楽がスケブやってた人なんだよね。
スケブで流れてた曲好きだったからこれまた嬉しかった。
実際、スケブで流れてそうなのとか聞こえてきたし(笑)
ピアノってイメージが強いけど、予告の三味線もいいな。

1クールってのもちょうどよさそう。
原作も気になり始めてしまいました(笑)




スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://enaha.blog4.fc2.com/tb.php/326-c8c2498b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。