FC2ブログ
HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ヲタ@カンソウ

悪魔を憐れむ歌。


BLASSREITER、第6話の感想。


ヤバイ、目から汗が…。

ゲルトはだんだん自分が人でなくなってきていることに気づいていた。
やはり、いつかは完全な悪魔になってしまうみたいですな・・。
ゲルトは悪魔の自分を抑えきれなくなっており、
見るものすべてが悪魔に見えるといった具合に、建物を破壊し、
ジョセフと対峙した時、自分はもうあの姿になりたくない、そして、
自分がまた危険なことをしたら殺してくれとまで話していました・・。

自分が死ぬ前にもう一度、親友と走りたかったゲルトは、
536という数字を瓦礫に残し、それをニュースで見ていたヘルマンは、
それがなんのことなのかすぐに気づき、隔離部屋から出て、
そして、マレクも連れて、とある道路へ行った。
そこは、走りきるのにぜったい6分はかかるという場所だったが、
かつてゲルトが5分36秒という伝説的な記録を出した場所だった。
そこで再び、二人は走ることに。
でも、この時間は長くは続かなかった。
ゲルトが発作を起こしてしまった。ヘルマンさえ悪魔に見え、
それもヘルマンを殺した悪魔と思い込んでしまい、攻撃をしてしまう。
マレクの声も届かず、刃を向ける始末。
その様子を見ていたジョセフが止めに入り、
最後は約束通り、ジョセフを一刺し…。
しかも、その時のゲルトの姿がレーサーだった頃の勝ち誇ったような姿で…。
ヘルマンに支えられ、元の姿に戻るも、散っていくゲルト。
この散り方もすでに人ではなかった・・。

少し離れた所から見ていたマレクは、涙を流しながらも、
死んだゲルトに向かって、
ヒーローなんかじゃない、いくじなしだ、と言っていました・・。
雑誌で今後のあらすじを見たところ、
なんとまぁ、マレクも大変なことになってしまうようで・・。
ベアトリクスと接触し、復讐鬼と化してしまうようで・・。
あと、アマンダとマレクは実の姉弟じゃなかったんだねぇ。
引き取ったって言ってたけど、この辺りの話も今後出てくるのかな。

そして、ますますジョセフは何者なのかと思い始めた。
生きてるまま悪魔になってもいつかは完全に悪魔になってしまうのなら、
ジョセフは一体どういう体をしてるんだ(笑)とかどんな存在なのか、とか・・。
薬?ただ心が強いだけ?何か治療法が?いやいや、
そのために生み出されたって可能性もあるか。デザインベイビー的な。
はたまた、人外だとか・・。
まぁ、いずれわかるだろう。


次回。憎悪の果てに。
マレク回ですね。


余談ですが、はやくもエレアたんがフィギュア化だそうで。
メガハウスのエクセレントモデルです。
“美しくないとね”って感じなポージングで(笑)なかなかよくできてますね。
しかもあのホログラムの状態とほぼ同スケールだとか。
8月発売予定。ファン必見なり。




スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://enaha.blog4.fc2.com/tb.php/338-e7f4f2ef

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。