FC2ブログ
HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ヲタ@カンソウ

憎悪の果てに。


BLASSREITER、第7話の感想。


こういう話はきついな。
あの三人組氏ね。
ベアトリスから薬を受け取ってしまったマレクが
彼らにどんなことをしようと俺は責めないぜ。
校長までも家庭の弱みにつけ込んで金で解決とかさ・・。
あの母親の様子ではさして迷わず返事してしまったようにも思えてしまったが、
貧しく、まだ幼い子供が二人もいたのでは、やはりそうするしかなかったのか・・。
そして、アマンダも孤児院からマレクを引き取ったことは褒められることでも、
マレクのことをよく理解しておらず、かけられる言葉もとってつけたようなセリフで。
そんな矢先、マレクはベアトリスから薬を受け取ってしまったわけだが、
これからどうなっていってしまうんでしょう…。
アマンダがマレクを引き取った理由って何だろう?
一人では寂しかったから? 何かに影響されて? まさかの血縁者とか?
それとももっと他に理由が…?

とうとうXATにもブルーの正体、ジョセフの顔がわれてしまいました。
しかもベアトリスの流した情報。

ゲルトの骨の粉?は残ったんだな。
ヘルマンが研究者から奪い取ったようだけど、
単純にジョセフに殺されたと思ってるみたい?
ジョセフからゲルトは苦しんでると聞かされていた分、
まだマレクの方が理解してる。

で、ラストに出てきた麗しい方がザーギン様?
声は諏訪部だったかー(爆)


次回。僕はもう弱者じゃない。
とうとうマレクがダーク化か。
アマンダの様子を建物の外から見ていたマレクがちょっと恐かった。
そのアマンダと一緒にいたブラッドが何の会話をしてるのか気になる。
あと隊長心配だよ隊長。今にもぶっ倒れそうだったんだが。




スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://enaha.blog4.fc2.com/tb.php/341-20d1de35

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。